免疫力をあげてがんを治療|人気のプロポリスを活用しよう

高い殺菌力と有効成分

夫婦

同じタイミングで飲もう

プロポリスは新芽や樹皮から分泌される樹脂とミツバチの唾液を混ぜ込んで作られた粘土状の物質です。隙間に塗り込めることで外敵や細菌、ウイルスから巣を保護する役割を担っているプロポリスは天然の抗生物質とも呼ばれており、高い殺菌力があると言われています。プロポリスの殺菌作用は外からの侵入に対してのみ発揮されるわけではありません。抗炎症作用や免疫細胞の活性化といった働きとの相乗効果により、ウイルスの増殖や細胞のがん化といった体内の異変にも素早く反応することができます。さらにプロポリスには抗がん作用が期待できる成分も複数含まれています。カフェイン酸フェネルエステルやアルテピリンC、ケルセチンを始めとするこれらの成分は、正常な細胞には一切害を為しません。がん細胞のみを攻撃し増殖を防いだり死滅させたりする作用があることから、予防から症状の緩和に至るまで幅広く効果が期待できるのが特徴です。プロポリスを手軽に摂取するにはサプリメントを活用すると良いでしょう。薬とは異なるためいつ摂取しても差し支えはありませんが、予めタイミングを決めておくと飲み忘れを防げます。がんに対する効果を実感するには継続的な摂取が必要なので、飲んだり飲まなかったりして間隔が空いてしまわないようにしましょう。胃腸が弱い方は食後に飲むことをおすすめします。そうすることで胃粘膜に負担をかけることなく成分を体内に取り入れることが可能です。いずれの場合も同時にビタミンCを含む食品を取ることで、効率良く摂取できます。

Copyright © 2017 免疫力をあげてがんを治療|人気のプロポリスを活用しよう All Rights Reserved.